ズボンの裾上げにつきまして

裾上げご希望のお客様

弊社では別料金 1000円(税別)で裾上げサービスを行っております。

 裁断師がカットし、縫製師がウェルダーミシンで縫製するため、
約1週間~2週間程かかってしまうこともございます

ご希望のお客様は、

ご注文時の備考欄に
股下〇㎝、または〇㎝カット

とご記入ください。

納期と商品の合計金額をご返信致します。

ご自分で裾上げを行う方法もございます

 カッターを使い、ご自身でカットして頂く方法もございます。
 弊社雨合羽生地は、切りっぱなしでもほつれにくい生地を使用しております。

 

カットされますと、同封しています補修布と同じ切り口になります。
(購入前に気になる方はご連絡下さい。)

やっぱりちょっとほつれてきたりするのが気になる方へ

 裾を折り返して接着剤で止めているよとお客様から教えて頂きました。

接着剤はビニール用セメダインをお勧めしています。(クリックでメセダイン様のサイトに)

 

 弊社雨合羽の素材が塩化ビニールで、接着剤もビニール用のため、
生地の裏と裏同士(ポリエステル同士)を接着しても接着強度が強いです。

実際に試してみました

①カットします

②折り返して接着剤を塗布します

折り曲げて、接着します。
 
 

③完成

 切りっぱなしと比較するとこんな感じになります。

 手で押さえるだけですと、仕上がりが膨らんでしまいます。

ふくらみが気になる方は

重しを乗せますと奇麗になります。

もし心配な方は、雨合羽に同封しております補修布で試して見てください。

ご質問等ございましたら、こちらよりお問合せ下さい。

 


 雨合羽なのに毎日着たくなる、雨合羽屋 尾崎産業株式会社の尾崎昌司が執筆しました。
 尾崎産業株式会社HPはこちら⇒https://ozakisangyo.com/
 FBもやっております⇒https://www.facebook.com/ozakisangyo/
 FB個人のページ⇒https://www.facebook.com/ozakisangyo/
 弊社雨合羽のふるさと納税謝礼品はこちら⇒海南市 雨合羽 謝礼品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です