BLOG
ブログ

実験

実験:マリンレリー生地を濡らして凍らしてみました

皆様、こんにちは。

本日は、【雨合羽生地を濡らして凍らしてみたらどうなるのだろうか?】と思い、行ってみました。

過去に冷凍庫に入れて実験した事はあります。

結果としては

冷蔵庫(4℃以下)に4時間、冷凍庫(-18℃以下)に7時間保存しましたが、
冷凍庫に7時間で若干硬くなったのかな?と感じる程度でした(※)

 

冷凍庫から詳しく知りたい方はこちらより⇩

雨合羽生地は低温時に硬くなるの?実験しました。

 

 

事の発端はお客様からの一言

 

お客様
貴社の生地は裏生地に浸み込んでこないので、
極寒地域でも危険を感じることなく使えます

と教えて頂いた事がきっかけでした。

 

確かに裏生地に寒い地域で染みこんできたら、身体は冷えますし衣類が凍って危険ですよね。

濡らして凍らせたことはなかったので、今回生地を濡らしてから冷凍することにしました。

 

 

バケツに一時間浸けました

レリーロイヤル、マリンレリー、マリンレリータフ、そしてレリーV1000生地を用意しました。
写真は表生地&裏生地の様子です。

 

生地をバケツに一時間浸けこみます。

 

冷凍庫で1日寝かせました。

冷凍庫に2月6日11時~2月7日15時まで置いておきました。

取り出した時は固いかなと思ったのですが、すぐに柔らかくなりました。

あれ?固いのは気のせいだったのかもしれないと思ったので、
また冷凍してから生地を触ってみました。

 

確かに持った瞬間は固いんですが、一瞬で柔らかくなりました。
(生地に付いた水が凍ったままでも生地は柔らかいです。)


クリックすると大きな画像になります。

 

あまりの変化の無さに何の実験をしてたんだろうと思いました。

おそらく悪天候かつ極寒の地域でも着用されていたら、
体温で生地が硬くなることはないんじゃないかなと思います。

尾崎
もし気になる方がいらっしゃいましたら、生地をお渡しするので試してみてくださいね。
お問い合わせからどしどしご連絡下さい。

 


雨合羽なのに毎日着たくなる、雨合羽屋 尾崎産業株式会社の尾崎昌司が執筆しました。

弊社雨合羽ラインナップ

マリンレリータフ 胸付ズボン9,000円~
水産用雨合羽

マリンレリータフ
胸付ズボン10,300円~

 

マリンレリー 腰ゴムズボン6,000円~
水産用雨合羽

マリンレリー
腰ゴムズボン6,800円~

 

レリーロイヤル 腰ゴムズボン4,700円~
陸上用雨合羽

レリーロイヤル
腰ゴムズボン5,400円~

 

レリーV-1000 前開きズボン4,500円~
陸上用雨合羽

レリーV-1000
前開きズボン5,200円~

 

CONTACT US
製品や私たちの事など、
お気軽にお問い合わせください。

【営業時間】平日8:30~17:30/【定休日】土曜日・日曜日・祝祭日

【営業時間】平日8:30~17:30
【定休日】土曜日・日曜日・祝祭日