BLOG
ブログ

私達に出来ること

補修布プレゼントキャンペーン 継続中です

皆様、こんにちは。

いよいよ12月も中盤に入り、皆さんもソワソワされているかもしれません。
我が家でも子どもたちが「クリスマスまでもう少しだぁ」とソワソワしています。

世界各国ではまだまだ落ち着かないコロナですが、
日本、特に和歌山では感染者が0人が続き、入院者も0人になりました。

コロナ禍で弊社として何か出来ないかと思い、
2020年5月から補修布プレゼントキャンペーンを続けていますが、
来年も続ける予定でいます。

 

補修布キャンペーンに至った理由

何度か投稿しておりますが、今回の企画を思いついた理由ですが、
コロナ禍で漁師さんを含め、多くの皆さんが困っていました。

 

「雨合羽は防護服として需要があったでしょ?」と聞かれることもありますが、
私達のような純国産雨合羽では、そんなことはありませんでした。

 

コートのような雨合羽を防護服として使うのは脱着も大変ですし、重たいです。
雨合羽は英語でレインコートですね)

 

大阪市に寄付しましたが、きっと災害などの別用途でお使いになったと思います。

大阪市に防護服の代替品として雨合羽を発送しました

2020.04.16

 

弊社を含め、先行き不透明で心配される方がほとんどだったと思います。

 

そんな中でも大企業が

そんな大変な中でも大企業は色々な支援を打ち出していました。

 

ステイホームの子ども達に家庭学習用教材を無償で配布されたり、
医療用マスク、防護服を提供されたりと様々な支援がありました。

 

 

私達のような小さな会社でも何か出来ることはないだろうか・・・

色々考えて補修布を配布する事にしました。

 

ただ補修布を配布するという事は、
お客様の買い控えが起きる事になるんじゃないかと思いました。

提案者の私達は良くても、弊社商品を販売して下さっている問屋様達から
お叱りを受けないかと心配になりました。

 

尋ねてみたところ、「特に問題はありませんよ」と回答頂きましたので、
この企画を進めることにしました。

 

他社様品を含め、全ての塩ビ(PVC)雨合羽愛用者

弊社の雨合羽生地は、0.25㎜で9色、0.35mで11色(カーディナルレッド含む)があり、
おそらく一番色数が多い雨合羽屋かもしれません。

 

困っている方が他社様品を使われていてもいい、
塩化ビニール製の雨合羽なら多少色が違ってても
お役に立てるのではと思い、

応募対象者は弊社商品の愛用者だけでなく、
他社様品を含め、全ての塩ビ(PVC)雨合羽愛用者にしました。

 

 

本日も一通発送しました

補修布キャンペーン発送

本日も東京の方に発送しました。
お役に立てれたのであれば、光栄です。

 

補修布をご利用の方は下記ボタンから応募くださいませ。

 

ご注意ください
メールアドレスを必須とさせて頂いております。
記入漏れ等で発送できない事※がありましたので、必須に変更しました。
皆様の個人情報はこのキャンペーン以外に使用しません。

 

尾崎
この企画は私が担当します。
少しお時間がかかるかもしれませんが、お待ちください。

 


雨合羽なのに毎日着たくなる、雨合羽屋 尾崎産業株式会社の尾崎昌司が執筆しました。

CONTACT US
製品や私たちの事など、
お気軽にお問い合わせください。

【営業時間】平日8:30~17:30/【定休日】土曜日・日曜日・祝祭日

【営業時間】平日8:30~17:30
【定休日】土曜日・日曜日・祝祭日