大阪市に防護服の代替品として雨合羽を発送しました

皆様こんにちは。

 先日弊社の元取引先の辻様から、
「大阪市で防護服がなくなりつつあり、雨合羽を代用として使いたいらしい。
購入して寄付したい!」
と電話を頂きました。

https://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000501001.html

 辻様は仕事はとても丁寧、そして被災地支援のボランティア活動もされており、
私の尊敬する大先輩です。

 辻様と話し、弊社から在庫外の雨合羽を大阪市に発送することになりました。

和歌山県にも聞きました
和歌山県福祉保健部健康局健康推進課に問い合わせたところ、
「防護服が足りないという話は聞いていないが、確認しないとわからない」との事でした。
 ですので、今回大阪に発送しました。

 

 雨合羽の点検、袋入れ開始

 未使用品とはいえ、在庫外の商品なので袋も汚くなっているものもあります。

 社員のNさんが袋を開けて、雨合羽の状態を確認し、
サイズラベルを張ったり、もし汚れているところがあれば綺麗にしました。

メーカーが開封する分には大丈夫でしょう。

 

 困ったときはお互い様です。
 少しでもお役に立てれば幸いです。

災害ボランティア用の在庫外の雨合羽は全てなくなりました。

東日本大震災から始まり、宮城県、佐賀県、栃木県、そして地元の和歌山県に
配布してきましたが、在庫外の雨合羽はなくなりました。

弊社の活動はこちらより

これ以上、被害が出ないことを本当に願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です