雨合羽生地やボタン類の耐酸性、アルカリ性につきまして

皆様、こんにちは。

雨合羽屋の尾崎産業㈱の尾崎です。

最近弊社雨合羽のレリーV1000をご購入頂いたお客様が、

お客様

2014年の耐酸性のブログを見て購入を検討し、
自分の目で商品を確認したところ問題なく、とても気に入りました。

 過去のブログはこちらですが、ブログ内容の引っ越しはしていないので、
改めてまとめます。

日本製で酸に強い雨合羽はありませんか?

 2014年にお客様より
「日本製で酸にも強いカッパを探しています。」とお問合せを頂きました。

 以前購入していた海外製の雨合羽は、カッパ生地自体は結構酸に耐えるが、
金属ボタンのスキマから腐食して、ボタンが壊れて着用できなくなるとの事でした。

 結果、レリーV-1000をご利用頂き、嬉しいご報告を送って下さいました。

 ご購入の際に一点お伝えした事がございます。

生地は耐酸性・耐アルカリ性の塩化ビニールを使用しております

 雨合羽の原反メーカーにも確認取り、HPにも記載しております。

 ただし、雨合羽として保証は出来かねます

生地の素材はPVC(塩化ビニール)ですので、耐酸性・耐アルカリ性はございます。
雨合羽は職人が丁寧に作っておりますが、ハンドメイドですので保証は出来かねます。

家庭用洗剤等で実験開始

 実際試してみました。
 家庭用の強アルカリ性(ハイター)・強酸性(サンポール)の溶剤を使い、
ホックや生地の腐食具合を確認しました。

 生地にはハサミで切り傷を入れ、浸透しやすくしております。

洗剤に浸し、56時間

 サンポールとハイターに浸けて

蓋をして56時間待ちました。

強アルカリ性(ハイター)56時間後

 生地やプラスティックホックには変化はありませんでした。
 金属ホックも見た目には変化がありませんでした。 

クリックすると拡大します

 

強酸性(サンポール)56時間後

 アルカリ性と同様に生地やプラスティックホックには変化はありませんでした。

クリックすると拡大します
 

金属ホックは変色していました。 

まとめ

 強酸性及び強アルカリ性の家庭用洗剤を使用し、生地やホックを56時間浸けたところ、 

生地やプラスティックホック類は耐酸性・アルカリ性である事が確認できた
お客様から耐久性があるとの感想を頂いた金属ホックだが、強酸性溶液により変色した

  金属ホックを使用しているのは、レリー V-1000  ネービのみ

ご注意下さい
仕様により、カラーネービのみ金属ホックを使っております。
イエローはプラスティックホックになります。

 プラスティックホックを使用しているのは、レリー V-1000 カラー:イエロー
レリーロイヤルマリンレリーになります。


※クリックで商品ページに移動します

※ご注意※下さい
薬品によっては、結果が異なる場合もございます。
ご心配の場合は、生地や部品をお渡ししますので、確認後にご購入下さいませ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です