純日本製雨合羽と化学繊維の事なら尾崎産業株式会社

 

 

 

雨合羽(アマガッパ)でお困りではないでしょうか?

 

icon-check-square-o 雨合羽なのにすぐに破れて水漏れし、業務に支障が出る

icon-check-square-o 安いがよく買い替えし、コストパフォーマンスが悪い

icon-check-square-o 企業のイメージに雨合羽の色があっていない

icon-check-square-o 着心地が良くなく、疲れやすい

icon-check-square-o 海外製で生地だけでなく、縫製の品質も気になる

 

弊社の雨合羽は、生地から製造・仕上げ・発送までこだわりの純日本製

漁師さん
色が豊富で長持ち、動作が妨げられない
と大満足の評価を頂いております。

嬉しいお客様の声もたくさん届いております

お客様のコメントボード

テスト よいよい

2016.12.26
水産業、土木建築業、食品関係ほか幅広いお客様から高い満足度94%を得ています。
お客様アンケート

 

その理由は、耐久性と着心地の良さ

お気に入りの点

着心地よく長く使える、 いざという時に役に立つ老舗メーカーのこだわりが凝縮されています。

 

生地にもこだわりました

厚さにムラがない高品質でかつ、裏生地の編み方にもこだわりました。

毛羽が出にくいため、速乾力が高く、袖通しが良い長繊維ポリエステルを使用しています。

 

伝統を受け継いだ職人達

私達の一番の強みは、手先の器用な野上谷近辺の職人を採用していること

野上谷では紀州棕櫚を用いた繊細な家庭用品が盛んでした ※ 現在でも地元高田幸三商店様で紀州棕櫚のタワシ箒を販売されております。

細やかな手作業で丁寧に編み込んでいく

野上谷のご婦人は豪勢(※)に働いておりました※和歌山弁でたいへん、一生懸命 という意味で使われます

 

一つ一つ丁寧に

職人達が愛情込めて

豪勢に勤しんだ野上谷の先人達のその精神を受け継いでいるからこそ、

縫製が難しい融着ミシンでも寸法が違わない、心地よい雨合羽が出来上がります

縫製技術比較
棕櫚の歴史
※和歌山県立博物館様経由で写真資料使用許可書取得済(紀美野町指定文化財 遍照寺所蔵 弘法大使像)

 


最新技術により更なる着心地改善へ

弊社裁断師の技術は、雨衣業界人から

「ここまで綺麗に裁断出来る人はいない」

と言わせたほど。

そのため技術伝承が大変困難でした。

 

 

日本中の裁断機を探し回り、

度重なるテストカットの末に

切れ味に納得した日本製の自動裁断機

私達が担当します

工場長 汲原

持てる技術を惜しみなく

化学繊維の製造・加工にを携わり30年 加工、品質管理、また機械のメンテナンスまで幅広く行っております

代表取締役社長 尾崎 昌司
プライベートでもDIY精神で、年を重ねる度に新しい技術習得している、弊社の頼もしい三代目工場長です
代表取締役社長 尾崎 昌司

町工場だから出来ること

  弊社は自社製品の製造が主軸ではなく、お客様からのご依頼が主軸となっています  他社では行えない技術があるからこそ、近畿圏だけでなく全国各地からご依頼を頂いており、 弊社で長年培ってきた技術とモノづくりに長けた地元 野上谷の製造魂でお客様に感動される技術を提供しております

お問い合わせ






郵便番号

ご住所


事務所のご案内

THANKS FOR VISITING US

会社案内
icon-home 〒640-1171 和歌山県海南市野上中526
icon-phone 073-487-1150
icon-print 073-487-1152(FAX)
営業時間
icon-sun-o 平日8時30分~17時30分
icon-moon-o 休業日:祝日、土曜日、日曜日
お問い合わせ
icon-envelope-o お問合せ
icon-facebook-square尾崎産業株式会社
icon-bookmark弊社社長ブログ