水中でも書けるメモを作ろう その①

 みなさん、こんにちは。
 カッパなのに毎日着たくなる、そんなカッパ屋の尾崎 昌司です。
 今日一日バタバタしていました。
 パートさんのお子さんが風邪を引いたとの事で、ピンチヒッター役に僕!!
 ミシン縫製のヘルプに入ったのですが、久々の縫製は難しかったです。
 
 ミシンをかけながら、ウェルダーミシン(※)を扱う社員さんの仕事っぷりを横目で観察。
 ウェルダーミシンとは、生地と生地を高周波電圧にて溶かしてくっつけることが出来るミシンです。
 HPから斜視を持ってきたのですが、この写真の中央の機械になります。
 ウェルダー
 ちなみに電圧をかける金属の棒に触ると恐ろしい事がおきます。
 熱いというより、接触部分が黒ずんだり、××が□んだりします。
 伏字にしたくなるくらい大変な縫製方法なんです。
 電圧印加時に金属バーのカケラやほこりがあると、火花が出たりする機械なんです。
 昔イライラ棒というゲームがありましたが、

 
 こんな感じでバチっと火花が出ます。
 火花が出ても人体に影響はないのですが、心臓に悪いし、生地が黒くなってしまったり…
 
綺麗なところでかつ注意して縫製しないと、社員さん達は毎回イライラ棒ゲームをやり続けることになるのです…
 弊社の雨具工場はとても綺麗で、社員さんも綺麗にしているので、めったに起きませんけどね(・∀・)
 僕がウェルダーミシンを使ったときはおっかなびっくりに縫製をしていましたが、社員さんは素早く、そして丁寧に縫製していきます。
 まさに芸術!
 素人には真似できないなと横目で見ながら、ミシンをかけていました。
 さて、本日はタイトルの通り、水中でも書けるメモを作ろうと思っています。
 用意するのは、100円ショップで購入した超速乾 接着剤のハケタイプ
 
これを束ねてクリップで止めてみました。

 速乾だけど、一日くら放置してみます。
 書き終わったらビリっとちぎって捨てる。
 そんなノートにしたいなぁ。
 
 明日はいよいよお風呂場で使ってみますよー(・∀・)

2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    記事検索から色々ブログ見てたら来ちゃいました(≧▽≦)もっと読みたくなります(゚∇^d)また寄らせて頂きます♪また見に来ます!!更新頑張ってください★

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です