自転車に乗った若者が…(昨日の続きです)

 今日はお友達の漁師さんに前回のブログのウニをおすそ分けしたら、お酒を頂きました。
 数ヶ月振りのほろ酔い気分です(・∀・)
~昨日の続き~
 おいしい夕食を頂き、いい気分で帰ろうとしていた僕。
 左手にパチンコ屋さんがある信号機で、赤信号で停止し、汗臭い体を気にしていました。
 
 一刻も早くお風呂に入り、ブログを更新して寝たい!!
 窓から雨降りの外を見ていたら、自転車に乗った若者が…
 若者がパチンコ屋さんの前で何かをぽろっと落とすじゃないですかっ!
 
 ゴミか?ポイ捨てしちゃう悪い若者なのか? 
 いや、なんだか小物、財布っぽいぞー!!
 落とした事に気付かずに若者は行ってしまいました。
 急いで駐車場に車を止めて、現場にダッシュ!
 案の定、長財布でした。 時間は22時35分!
 こう言ってはなんですが、僕は結構落し物を見つける事が多いです。
 ふとした茂みで発見したり、携帯を忘れているのを目撃したり。
 ある種の才能、トレジャーハンターならぬの警察へのレギュラーカスタマーの才能がありそうです。
 
 今回KIKUCHI TAKEOの財布だったので、彼をTAKEOと呼ぶ事にします。
 TAKEOはまだ近いはず!
 TAKEO-!! TAKEO-!!! タケオォーーーー!!!
 TAKEOを追いかけ、雨降りの中、全力疾走!!
 
 夕日ならぬ深夜の道路をとにかく走る食後のおっさん。
 300mほど走ったところ、前から自転車が走ってくるじゃないですか。
 TAKEOか? TAKEOなのか?
 
 ドキドキしながら、TAKEOコールを心でする僕。
 期待は裏切られ、僕よりもシニアなおじさんでした。
 
 どうしてTAKEOは落としてしまったのか!
 大切な財布だろうが!
 いつも肌身離さず持ってたじゃねぇか!!
 そんな青春を味わい、僕は自分に酔ってきました。
 雨降りの夜道をまた走って戻り、パチンコ屋に向かいました。
 ほとんど行った事がないパチンコ屋。
 
 弊店間近でお客さんは帰り支度をしていました。
 そんな中、青春を満喫している僕は、
ドアをバシっと開けて、ドラマの刑事のように参上!!
 僕「けーさつだっ! 警察の場所を教えて欲しい! 」
 店員さんもびっくりです。
 僕にはTAKEOの財布を警察に届けるという任務があります。
 この任務を全うするまで家に帰れません。
 僕「財布だっ!大切な財布を拾ったんだ。今すぐに教えてくれ!
 俺は行かなきゃいけないんだっーーー!!!」
 
 熱意にやられたのか、店員さんが場所を丁寧に教えてくれました。
 車に乗り、800mほど先の警察署がやっと見えてきたのだが(続く

2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    初コメ失礼致します?記事読ませて頂きました(・∀・)人のブログは色々発見がありますね!勉強になるブログだったのでコメ残していきます♪私はシングルマザーをしながら頑張って書いてます?よかったら遊びにきてください(・∀・)?ありがとうございました☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です