2017年限定モデル雨合羽 まもなく締め切りです

 皆様、こんにちは。
  雨合羽なのに毎日着たくなる、そんな純日本製雨合羽を作っております。
 尾崎産業株式会社の尾崎です。

 私事になるのですが、社内掃除がどんどん楽しくなってきています。
 これは趣味なのかなと思うくらいです。

事の発端は高野山合宿

株式会社クリーンサワ澤さん主催の熟孝塾に参加しました。

一流を目指すのなら、道具はメンテナンスしているか。部屋は掃除しているか。

 出来ていますとは答えられない状況でした。
 その日から気分を一新して仕事終わりに雑巾掛けをしています。

 裁断部屋、縫製部屋、倉庫。

 特に土足仕様の倉庫の床は雑巾がマジックのよう。
 それがサウナ部屋のような赤みのある床になった時は、
 変わるもんなんだなぁとびっくりしました。

道具もピカピカに

 縫製用の金型はお酢に2時間浸し、重曹で洗います。

 汚れが落ちてピカピカになります。

 社員さん達が全力で仕事に臨めるように、
そして自分自身の心の整理として社内清掃を楽しんでいます。

いよいよ締め切り間近 2017年限定モデル雨合羽

 2017年限定モデルの雨合羽の締め切りも15日(日)までとなりました。
 電話受付は16日(月)午前中まで承ります。

マリンレリー×シルクスクリーン印刷【Screen printing】

 伝統芸術品である紀州漆器で培われた技術力があり、
雨合羽の印刷実績がある印刷会社にお願いしています。

 すでにデザインの設計を終え、製版作成中です。 

黒生地に白の印刷はどのような風合い

 限定雨合羽より少し前に、川島様のTEAM SFAモデルの雨合羽を作らせて頂きました。
 (縫製中の写真になりますが、写真許可を頂きました
  
 黒生地に白は良く映えてかっこいいと好評でした!

もし限定雨合羽にご興味のある方は、こちらまでよろしくお願い致します。

  

雨合羽なのに毎日着たくなる、雨合羽屋 尾崎産業株式会社の尾崎昌司が執筆しました。

 尾崎産業株式会社HPはこちら⇒http://ozakisangyo.com/
 FBもやっております⇒https://www.facebook.com/ozakisangyo/
 FB個人のページ⇒https://www.facebook.com/ozakisangyo/
 弊社雨合羽のふるさと納税謝礼品はこちら⇒海南市 雨合羽 謝礼品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です