今週土日は里山・里海へ行こう2017にぜひご参加くださいませ

 こんにちは。
 雨合羽なのに毎日着たくなる、そんな雨合羽屋の尾崎です。
 私達の雨合羽を愛用されているお客様が里山・里海へ行こう2017に出演されます。

一通のお問い合わせから始まりました

 先月三重県で海女業をされている小寺様から問い合わせ(ご注文)を頂きました。

「御社マリンレリータフ ターコイズを長らく愛用しており、 この度とあるイベント出演のために雨合羽を新調したいと思っております。
黒ベルトでご注文させてただけませんでしょうか」 とのご連絡を頂きました。

 漁師の皆様には使って頂いている事はもちろん知っておりましたが、 海女業の方にも使って頂けてるなんて、嬉しかったです。

菅島の小寺様

  小寺様は海女業(見習中)との事ですが、ひじき入りパンとドイツパンとのコラボ商品も開発されています。
 ライ麦の軽い酸味とひじきの風味、施したカシューナッツの食感と甘みが特徴のパン

 その名も「ゼーゲン」

 めぐみさんの名前から付けられたとの事です。

毎日新聞の記事に詳しく書かれておりますので、チェックして下さいね。
http://mainichi.jp/articles/20170105/k00/00m/040/057000c

【受注生産のマリンレリータフ】  

 マリンレリータフは受注生産の雨合羽のため、お時間がかかってしまいます。

 しかし、たまたまお客様からのご依頼で黄色ベルトのターコイズの雨合羽を作った際に、少し余分に作ったものがありました。

 ミシン糸やバックルを解き、ミシン縫製をやり直して黒ベルトに変更すると間に合う!!

 全てのタイミングが良く、小寺さんの希望納期に間に合いました。

 ミシンかけなどでバタバタしていたのは私だけだったのですが、
なんと小寺さんが社員さんの分まで刈りたてのワカメを雨合羽を発送する前に送って下さったのです。

【刈りたてワカメの美味しさ】

 妻に刈り立てのワカメの事を伝えると、目の色が変わりました。

 義母の実家は漁師町で、新鮮なワカメを味わったことがあり、とても美味しかったそうです。

 茶色のワカメを湯がいたら、とても綺麗なエメラルドグリーンになりました。

 こんな美味しいワカメは初めてでした!!

「ワカメってこんな味だったっけ?」

 家族に聞いている間にみんなパクパク。
 あっという間に無くなってしまいました。

 【海女さん達も愛用】

 FBで小寺様が弊社雨合羽の事を投稿してくださいました。


 (小寺様には許可を得ていますが、ご友人の皆さんには許可を得ていないため、アップしていません)

   ご友人の海女さん達からコメントがたくさん届いており、マリンレリーが活躍している事を知りました。
  職人さん達に投稿を見せますと、

   「私達の作った雨合羽は、海女さん達にもお役に立っているんだねぇ。嬉しいねぇ」

 とても喜んでおりました。

【25日(土) 26日(日)幕張メッセで里山・里海へ行こう2017が開催】

 総務省・環境省等が後援のイベント「里山・里海へ行こう2017」が千葉市の幕張メッセで、 25日(土)26日(日)に開催されます。
 
 HPはこちらより⇒http://www.satoyamamovement.com/event.html#time

4年目の今回はハロー!プロジェクトの皆さん等が主演。

 そして26日は10時40分より
【地域創生!日本の田舎は宝の山 “地方でビジネス☆PRバトル”】で小寺めぐみ様が出演されます。


 特別に出店用写真を見せて頂きました♪

     マリンレリータフ ターコイズの雨合羽着用の写真も掲載して下さり、ありがとうございます。

 ぜひぜひ里山・里海へ行こう2017に足を運んで下さいね。

 そして小寺様達の地域創生!トークショーに耳を傾けて頂けたらと思っております。
 

 雨合羽なのに毎日着たくなる、雨合羽屋 尾崎産業株式会社の尾崎昌司が執筆しました。
 尾崎産業株式会社HPはこちら⇒http://www2.gol.com/users/ozakisangyo/
 FBもやっております⇒https://www.facebook.com/ozakisangyo/

 弊社雨合羽のふるさと納税謝礼品はこちら⇒海南市 雨合羽 謝礼品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です